●器の始まり

わたしたちの日常生活に欠かせない器。

日本の器の始まりは、1万年以上前に作られた縄文土器と言われています。

その後、中国大陸や朝鮮半島から窯、ろくろ、釉などの新しい製陶技術が伝えられ、日本の焼物文化に大きな影響を与えました。

 

磁器陶器、それぞれの作り方

焼物は総称して陶磁器と言われています。

陶磁器は大きく分けると陶器磁器の2つ。

これらは、5つの工程で作られます。

①原料の採取

②土練り

③成形

④焼成

⑤窯開き

陶器磁器を作る上で、特に違いがあるのは①原料の採取と④焼成の工程。

①原料の採取

陶器は、陶土を掘り出して乾燥後、さらに細かく砕いたものを水に溶かし自然乾燥させます。

それに対して磁器陶石を掘り出し、砕いたものに水を混ぜて適度な粘土状にします。

④焼成

陶器1200℃前後の低温で、10時間から48時間ほど焼きます。

磁器1300℃から1400℃と陶器よりも高い温度で焼き、絵付け後にさらに低温で焼きます。

 

●それぞれの特徴

・指ではじいたときの音

陶器ははじくと低く鈍い音、磁器は高い音がします。

・風合い

陶器は厚手で土のぬくもりがあり、磁器は薄手でなめらかな手触りです。

どちらが陶器でどちらが磁器か分かりますか?

 

●扱い方

・保温性と吸水性

陶器は、厚手で熱しやすく冷めにくいので、熱いものを入れるのに向いています。

密度が低く、吸水性が高いため、使用後は染みつかないようすすいだり、乾燥させたりとお手入れが必要です。

磁器は熱しやすく冷めやすいので、保温性には欠けますが、薄くて丈夫なので使いやすいです。

また、吸水性が低いので汚れが付きにくい点も魅力です。

 

●代表的な陶器磁器

陶器:益子焼、唐津焼、萩焼など

信楽焼

 

磁器有田焼九谷焼、瀬戸染付焼など

 

陶器磁器。それぞれのよさを活かして、心地よく生活に取り入れていきたいですね。